since 2006/02/19

 世の中に無数に存在する「Howto本」の中から、読みやすくて理解しやすい「秀作本」をご紹介します。
 実際に管理人が手に取って読んでみた「納得の1冊」をご紹介します。

 良い「Howto本」の条件とは・・・・

 ★読みやすい文字の大きさか?
  情報量(文字の量)が多ければ良い本とは限りません。
  読みやすい文字の大きさの本を選びましょう。

 ★読みやすい行間か?
  行間が詰まりすぎていると目がとても疲れます。
  ストレスを感じない適度な行間を取っている本を選びましょう。

 ★図、絵、写真などが適度に盛り込まれているか?
  新しいことを学ぶ時、文章だけで理解するのは至難の業です。
  図などが盛り込まれているだけで視覚的に理解することができます。

 ★キーワードが明確か?
  重要な項目について「キーワード」が大きな文字などで強調されて
 いれば、斜め読みや、後で読み返す時に頭にすぐに入ってきます。

2006年11月19日

三脚活用自由自在

三脚活用自由自在―決定版撮影の腕を上達させる三脚の選び方・使い方徹底ガイド


 管理人は現在、3台のデジカメを持ってます。

 昨年は思い切って、念願の一眼レフ/キャノンの「EOS Kiss デジタルN」を購入しました。

 その購入を機会に今まで使っていた「しょぼい三脚」を買い直そうという気持ちになりました。

 ・・・・でふと疑問が・・・・三脚ってどうやって選んだらいいの?

 値段もピンキリ、メーカーもいろいろ、構造もバラバラ、う〜んどうしよう?と悩んだ時に出会った本です。

 章は大きく分けて5つに分かれています。

 ■三脚の必要性とその機能

 ■三脚の正しい選び方

 ■三脚の正しい使い方

 ■アクセサリー活用術

 ■三脚あらかると


 たかが三脚、されど三脚、読んでみると、その奥深さに感心させられます。

 三脚は1回購入すれば、壊れない限り、買い換えることもそうそう無いと思います。

 だったら、購入する時はきちんと自分の撮影スタイルに合ったものを購入しておく方がいいと思います。

 安価なものでもポイントを押さえれば、いい三脚も購入できます。また、カメラを趣味にしている人にも読み応えは十分あると思います。

 実は、この本には「おすすめモデルを厳選した完全ガイド付きカタログ」というものが掲載されてます。

 モデル別に「価格」「脚を伸ばしたときの高さ」「畳んだときの長さ」「重量」などがキレイに整理されて解説されているので、これは役立ちました♪いろいろ比較して選ぶことができました♪

 これからカメラで素敵な写真をいっぱい撮るぞ〜と思っているかた、是非、読んでみてほしいなぁと思います。



★この本の効能

 ・三脚の構造などについて基礎知識が学べます。

 ・三脚の基本的な使い方が学べます。

 ・自分に合った三脚を絞り込むことができます。


posted by けんじ at 16:37| ■カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。